医療法人 邦真会 桑原クリニックのホームページへようこそ!!

 

血球成分除去療法

 

血球成分除去療法とは

血球成分除去療法とは
 
潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法は、2000年4月よりGCAPが、2001年10月よりLCAPが保険適応となり、当院でも2000年よりCAP療法を施行しています。
GCAPはアダカラムという特殊なビーズが詰まった吸着器を使用し、白血球中の顆粒球、単球を吸着除去し、現在クローン病の治療としても保険適応となっています。
LCAPはセルソーバという特殊なフィルターの入った吸着器を使用し、白血球中の顆粒球、単球、リンパ球と血小板を吸着除去します。リウマチに対しても保険適応となっています。
GCAPもLCAPも腕の静脈から血液を取り出して、吸着器を通して標的となる血液成分を吸着させた後、再び体内に血液を戻します。この治療の際、フサンや、ヘパリンといった抗凝固剤を使用します。
この治療での副作用としては数%に認められ、頭痛、めまい、吐き気といった一過性で軽微とおもわれる症状がほとんどです。
当院でのGCAP、LCAP施行回数も1000回近くを施行していますが、ほとんど副作用は認められません。
当院では抗凝固剤に対する抗体検査もCAP前に検査し副作用の発生防止に努めています。
効果として、約70%の患者様で寛解、改善を実感していただいています。CAP治療によると思われる悪化例は当院では経験していません。
 
 

潰瘍性大腸炎とクローン病

潰瘍性大腸炎とクローン病
 
潰瘍性大腸炎は、主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成し、
主症状は下痢、下血、粘液便、粘血便、腹痛、発熱などを起こす原因不明の大腸の難病です。
症状が良くなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を繰り返すのが特徴です。
潰瘍性大腸炎の患者様でCAP療法の適応になるのは、重症か劇症、または副腎皮質ステロイド剤などの薬物療法が効果不良の場合です。 
 
クローン病は、繊維化や潰瘍をともなう腸管全層を侵す肉芽腫性炎症性病変からなり、
主症状は下痢、全身倦怠感、体重減少、発熱、貧血、腹痛などを起こす原因不明の消化管全体の難病です。
クローン病で、栄養療法や薬物療法が無効で、大腸病変に伴う症状がある中等症から重症の患者様は、
CAP療法が行えるようになりました。
 

潰瘍性大腸炎重症度別内視鏡画像

潰瘍性大腸炎重症度別内視鏡画像
 

治療時間について

治療時間について
 
CAP療法の治療時間について
月、水、金は8時~22時まで (入室時間は20時まで)
火、木、土は8時~16時まで (入室時間は15時まで)
尚、CAP治療は事前に予約が必要です
医療法人邦真会
桑原クリニック
〒860-0812
熊本県熊本市中央区南熊本2丁目11−27
TEL.096-362-3511
FAX.096-362-6788
────────────
1.腎臓内科
2.人工透析内科
3.循環器内科
────────────
<<医療法人 邦真会 桑原クリニック>> 〒860-0812 熊本県熊本市中央区南熊本2丁目11−27 TEL:096-362-3511 FAX:096-362-6788